中国語をスカイプで学習|オンラインマンツーマン

「深夜族」のSNSユーザーグループは「早寝早起き」のグループよりも大きい傾向が高いという

「深夜族」のSNSユーザーグループは「早寝早起き」のグループよりも大きい傾向が高いという

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室Skypechinaの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。

「深夜族」のSNSユーザーグループは「早寝早起き」のグループよりも大きい傾向が高いという
芬兰阿尔托大学的一项研究显示,个人作息时间与社交网存在关联,“夜猫子”的朋友圈往往广于早睡早起者。
 フィンランド・アールト大学の研究によると、個人のオン・オフタイムとSNSの間には関係性があり、「深夜族」のSNSユーザーグループは「早寝早起き」のグループよりも大きい傾向が高いという。
阿尔托大学博士生塔拉耶•阿勒达伍德在博士论文答辩中说,她借助电话、短信、电子邮件、社交网站等数据使用信息调查行为模式,发现了上述关联。她还发现,与早睡早起者相比,喜欢熬夜的“夜猫子”在朋友圈中明显处于比较中心的地位。此外,“夜猫子”更喜欢与自己一样的熬夜族交流,符合“人以类聚”的说法。
 アールト大学の博士課程学生のTaraya Alderwoodさんは、博士論文の口頭試問において、「電話、ショートメッセージ、電子メール、SNSなどのデータを利用した情報調査という形で、この関係性を発見した」と説明した。また、彼女は、「早寝早起き」の人と比べ、夜更しが好きな「深夜族」は、SNSユーザーグループの中でかなり主流を占めていることも発見した。このほか、「深夜族」は自分と同じ深夜族との交流を好み、「類は友を呼ぶ」という格言に一致していることが裏づけられた。
美国科学促进会主办的EurekAlert网站援引阿勒达伍德的话报道,睡眠模式关联社交活动和社交网具有实际应用意义,比如理解和治疗心理紊乱问题。她说,睡眠紊乱可能预示着心理紊乱,收集人们使用数字设备的信息有助于尽早寻求干预。她计划开发一套自动化系统,帮助患者在症状加重之前获得专业人士的帮助。
 米国科学振興協会(AAAS)が運営しているウェブサイト「EurekAlert」は、Alderwoodさんの談話を引用して、「睡眠パターンと社交活動・SNSとの関係には、たとえばメンタルヘルス問題の理解・治療など、実際に応用可能な意義を備えている」と報じた。彼女は、「睡眠の乱れは、メンタルの乱れを予期しており、人々のデジタルツールの利用に関する情報を収集することは、できるだけ早く対処法を模索するのに役立つ。患者の症状が深刻化する前に専門家からのサポートが得られるよう、今後、自動化システムを開発する計画だ」と述べた。
转自人民网日文版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはSkypechinaの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional