中国語をスカイプで学習|オンラインマンツーマン

糖球会

糖球会

画像の説明

中国の山東省青島では、旧正月の数日後から1週間,糖球会というお祭りが行われます。

  •                nóng lì zhèng yuè chū jǐu
    今年は旧正月の9日目から,すなわち农历正月初九   からはじまります。
               bīng táng hú lu
    • 糖球というのは、一般には冰糖葫芦とも言われるようです。
      葫芦と言うのはヒョウタンと言う意味ですが、どうしてヒョウタン氷砂糖と言われるのでしょうか・・・

また、東北地方では糖梨膏、天津では糖墩儿、安徽省では糖球と言われているそうです。

  •     zài qīng dǎo bèi jiào zuò táng qíu
       “在青岛被叫作糖球”
               (青島では糖球と言われています)
    このように、色々な地方によって色々な呼び方があります。
  • 糖球というのは、日本のリンゴ飴のようなもので、りんごの替わりに山楂(サンザシ)と言われる果物で作ります。

サンザシは姫リンゴのようなものですが、とても酸っぱく飴とよく合います。
サンザシの他にも、ムカゴでつくったり、イチゴやキュウイ、バナナなどでも作られます。

糖球は普段でも道などで売られていて、サンザシが5つほど串にさしてあるのが3元前後で買うことができます。

  • 糖球会では、果物をなかに入れた飴の他に、さまざまなものをかたちどった飴も売られています。その飴を作る様子も見ものです。
      
  •  gōng yuán lǐ rén shān rén hǎi nà jiào yí ge rè nao
         “公园里人山人海,那叫一个热闹・・・”
         (公園の中は人の山、それは賑やかだと言えます)
  • 糖球会は、青島の民族文化を守る目的で始められ、500年以上の歴史があります。そして2005年には中国の10大民族祭りの1つにされました。
    今では、様々な種類の糖球が売られているほか、様々な出店が出、催しものもたくさん開かれとても賑やかです。

毎年他の都市からも大勢の観光客がやってきます。
2014年度の糖球会では、180万人ほどの人が訪れ、糖球などをはじめとして6200万元ほどの売り上げがあったそうです。

  •    jì rán nǐ qù zhōng gúo jìu yí dìng chī táng qíu ba
        “既然你去中国,就一定吃糖球吧”
          (中国に行くからには、
    是非りんご飴を食べてください)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional