中国語をスカイプで学習|オンラインマンツーマン

日本人にとって分かりにくい文章

日本人にとって分かりにくい文章

画像の説明

中国語を勉強している日本人にとって、なかなか理解できない文章というのはいくつもあります。

その中の1つは、

  •      xià tiān xiǎng chuān duō shǎo jìu chuān duō shǎo
       “夏天想穿多少就穿多少,
  •   dōng tiān xiǎng chuān duō shǎo jìu chuān duō shǎo
               冬天想穿多少就穿多少。”
        (夏はできるだけ少なく着たいので少なく着る。
                    冬は着たいだけ着る) 
    という文章です。

これをただピンイン通りに読んでも中国人には通じません。
“夏天想穿多少就多少”という文章の“少”の四声を明確に強調しなければいけません。

この“多少”を使った文章はよく使いますが、奥深いものです。

中国語を学んで初めの頃に覚える文章では、

  •       zhè ge duō shǎo qián
        “这个多少钱?”
            (これいくら?)
    というものです。
    中国に住むと市場で買い物をすることも多く、毎日使う文章です。

学んで少しすると、

  •   yào duō shǎo gěi duō shǎo
          “要多少给多少”
          (いくらでも欲しいだけあげる)
  •      wǒ zhī dao shǎo shuō duō shǎo
        “我知道多少说多少”
                (私は知っているだけ話しますよ)
    と言った文章を学びます。 

そして、今回ご紹介した文章へと続きます。

どんな言語もある程度の単語数を覚えていなければ、聞き取りは難しいものです。はじめは知っている単語を聞き取って、残りは推理して聞いていきます。

ところが、この“多少”のような単語はよく知っているはずなのに、意味がわからなくなるので厄介な単語だとも言えます。
しかもこのような単語は、普段の会話でもよく使われます。
このような単語、文法はパターン化して文章を暗記するのが、マスターする一番早い方法かとも思います。

ちなみにこの文章を教えてくれた中国人の方は日本語を学んでいるので、
「うらにわにはにわにわにはにわにわとりがいる」
   (裏庭には二羽、庭には二羽鶏がいる)
という文章を教えてあげました。

とてもうけていました。

文法的にわかりにくい文章は、とにかくそのまま覚えてみることが大切だと思います。
覚えてそのまま使うことにより、自分のものとなります。  

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional